A.C.O.A.

A.C.O.A. ブログ
朝踊
20140727093245.jpg
IanDury 「lullaby For Franci/es」を、夜中に裸で踊ってて悲しくなったと手紙をくれた友ダチと一緒に聞いているつもりで、今朝咲いた朝顔と、ヒラヒラエプロンを翻しながら。
| suzuki | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
no title
20140426102946.jpg
肌荒れがひどくて痒くて苦しむチビの気を紛らわしてくれるべく数々の演技ネタを繰り出してくれている女優さんたち。
| suzuki | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
no title
20140414134933.jpg
天気がよくてアトリエに籠もっているのがもったいないのでオニギリもって川へ
| suzuki | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
春香
20140412071852.jpg
春の森。地温が上がって、カタクリの紫やら二輪草の白やらチラチラ覗けて、色気たっぷりの季節だ。「ジョン・シルバー」出航準備中。。
| suzuki | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
太宰



太宰治。子供の時分にはスポーツの熱性、次にはパンクロック等の明るく公開された怠惰なんかの方がわかりやすく好きだった。自殺。それも心中に対しての嫌悪も強かったように思う。ジコレンビンの権化。「人間失格」なんて電車で開くのはとても無理。けれどもこの機会にあらかた読み返したら自身の中に違う太宰治像が発見されて驚いた。一つのことについていうと、山間部や芸者、田舎の風情都市の華やかさの底土になっているもの、はじき出されているものへの視線が清んでいてとても優しいという気がしてきた。・・・・もう、指定の文字数を超えている・・・・舞台上に展開できるだろうか。今回は彼の優しさいささかねじくれた反骨の魂、ユーモアにも触れてみたいと思っている・・・。僕が今回考えたことのほんの一部である。三条会関さんは何を考えたろう。「太宰治」について考えた二人の往復書簡のようになっていると嬉しい。
| suzuki | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
no title
20140123114015.jpg
川上澄夫でてきたりして、「まんだら屋の良太」Gya!
| suzuki | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
発見
20140122140308.jpg
「まんだら屋の良太」読んでたら、一巻の冒頭に北温泉!おほっ、「まんだら屋」って北温泉?!なのだ。雪の北温泉行きたくなったわ。
| suzuki | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
気儘
20140121120720.jpg
百景社の太宰治作品集に関くんと出演させてもらうので、太宰治の小作品を覚えている。懸命に覚えているのだけれど、チビを構ったり、ギター弾いたり…あぁ、こういう時だけ無限の集中力と記憶力が欲しい。他の時にはいらないけれど。・・・・ああ、でも僕も奮闘すべ。それぞれの場所でみな奮闘している。
 
| suzuki | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
釣果
20121024225035.jpg
夏目、酒巻、キクチ、僕での釣果。
| suzuki | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
敗北
P1000023.jpg
佐渡でアオリイカ夏目さん三バイ、僕ニハイ…悔しい…
| suzuki | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode